後悔


先日セミナーのあとに質問いただきました。

ペットショップで買ったことを後悔してるんですがどうしたら良いのかわからなくて頭が混乱します、と。

僕も殺処分について知らなかった20年前はペットショップで買うことが当然だと思っていました。

亡くなった愛犬はペットショップで買いました。

 

殺処分という問題を知った上で買う。

これはその人の意見ですし変えようと思っても変えられない場合もあります。

殺処分という問題を知らなくて買う。

今、世の中の多くの人がこの状態です。

僕のお店に来てくださって雑種の猫でもかわいいんだ、と言ってくださった方、大勢います。

知らなくて買うというのは仕方のないことかもしれません。

情報が入ってこない場合もあるので。

 

知ってどうする??

次飼う時は里親になる。

そう思えればそれでいいじゃないですか。

知ったことで将来1匹の命を救うことができますし、その事実を知り合いに伝えたらまた命が守られるかもしれません。

僕の感覚ですが殺処分という問題を日本全国の人が強く意識したら0に限りなく近づきます。

知ったあとに選択を変える人、多いです。

 

ペットショップで買ったことを後悔するよりも、その子を愛することを最優先していきましょう。

その問題について知り、選択肢を変えようと思った自分がいればそれでいいじゃないですか。

人間世の中のこと何でも知ってるわけではないですが、知ろうという姿勢があるときっと未来が変わってきます。

ともに変えていきましょう!

後悔」への2件のフィードバック

  1. 私の独り言と思って聞いて下さい。
    多分、寄付ならできる、けどお店の運用を皆でするのはハードル高い、と言う人がほとんどかも、と思います。平日の昼間は皆仕事だとか家族の為に動く時間をだとか、で。でもきぶん屋さんを支えたい人は結構いるんですよねぇ。
    前みたいにお姉さんにお店に来てもらって、お姉さんの給料を寄付できるメンバーで出し合う、ってのはどおでしょ〜か?

    • いつもありがとうございます!!
      もう少し会員のハードル下げて、チーム戦で里親さん探しやグッズ販売ができるような仕組みを作れれば、と今話し合いをしております!
      またご報告させていただきますね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です